【交通事故】交通事故後の流れと対処法


①警察への通報

 

交通事故の直後、

 

まずはじめにおこなうのが警察への通報です。

 

 

交通事故によるケガの治療費や慰謝料の補償、

 

車の修理費の申請をする際には

 

警察が発行する交通事故証明が必要になります。

 

 

決して後回しにせず速やかに最寄りの警察署か派出所に連絡しましょう。

 

(右京区なら右京警察となります)

 

 

交通事故から日数が経過していると交通事故証明書が発行されないケースもありますから、

 

要注意です。

 


 

②損保会社への連絡

 

交通事故の治療には自賠責保険や任意保険が適用されます。

 

警察への通報後はすぐに自分の加入している

 

保険会社へ交通事故が起こったことを報告してください。

 

 

その後、過失割合に関してや治療費や慰謝料に関しての手続きがおこなわれます。

 


 

③病院・整形外科へ受診

 

交通事故のケガは予想しているよりも強く、

 

身体は深くダメージを受けています。

 

 

そして交通事故の直後はパニック状態になっているため、

 

その時は自覚症状が出にくいのも特徴です。

 

 

 

ですから、

 

数日経って急に痛みが出てくることもまれではありません

 

むち打ちなどが代表的な例です。

 

交通事故に遭ったらその場では身体に変わったことがなくても

 

必ず病院・整形外科に行って診察を受けたりレントゲンを撮ることが大切です。

 

 

その際には必ず診断書をもらいましょう!

 

診断書を警察に提出することで人身事故として扱われます。

 

それによって治療費や慰謝料、車の修理費などに変動があることも。

 

 

また、

 

今後の治療で補償される治療箇所は診断書を元にしていきますので、

 

とても重要になります。

 

(後日診断書以外の場所が痛くなった場合は、

 

同じ院へ受診して診断書を書き足してもらうことは可能です。)

 


 

④後遺症の心配の無いように接骨院へ

 

病院や整形外科で診断を受け、レントゲンやMRIなどの精密検査をしても

 

検査結果は「異常なし」なのに、どうもおかしい…

 

痛みや倦怠感が取れない、

 

腰や肩・首が動かないで痛いままという方は多いものです。

 

 

レントゲンでは分からないのが交通事故のケガの怖いところです。

 

 

 

こういう場合は、

 

嵯峨 井上接骨院におまかせください。

 

嵯峨 井上接骨院では交通事故のむち打ちなどのケガに対して、

 

グループで1000件以上の治療実績を元に

 

専門の交通事故治療プログラムをもうけています

 

 

 

ここに書いている例のように、

 

病院や整形外科では痛み止めや湿布などで様子を見ましょうと言われたけれど、

 

なかなか痛みが取れない、

 

動きが制限されたまま…

 

とお悩みの方はたくさんおられますが、

 

当院ではそういった方に専門治療をおこなってきました。

 

交通事故治療では、

 

仕事が忙しくて定期的な通院が出来ずに後遺症が残ってしまった

 

という方もおられます。

 

交通事故に遭ったからといって、ずっとお仕事を早退できるわけでもありません。

 

 

ですから、

 

そういった方々の為に当院では交通事故のおケガの方は夜22時まで受付をしています(予約制)。

 

右京区内だけではなく、

 

西京区や京都市内全域から通院されている方がたくさんおられます。

 

時間が間に合わなくて通院を諦めていた方は、ぜひご利用くださいね。