【交通事故】むち打ちについて


むち打ちと診断された方へ


むち打ちとは、交通事故で最もよくみられるケガですが、とても注意が必要です!むち打ちは交通事故の直後には自覚症状が起きないこともあり、病院や整形外科での検査結果でも異状なし、または湿布や痛み止めで経過観察、安静にしていてくださいねという対処で終わりという場合も少なくはありません。

ですが、安心していると数日後に(場合によっては数週間後に)痛みなどの自覚症状が現れるのが特徴で、大変注意が必要です。

交通事故の直後に自覚症状が無かったからと、治療をせずに放っておうてしまい、その後長期にわたって後遺症に苦しむ方は少なくはないのです。

交通事故のケガでむち打ちと判断されたら、できるだけ早く適切に治療を受けることが大切です

 

 

 

むち打ちの症状


交通事故の際に、ぶつかってしまった衝撃で首の骨(頚椎)の関節がずれて傷つき炎症を起こしてしまったり、その周囲にある組織が広範囲にわたって損傷を受けます。

交通事故によるむち打ちの症状の特徴としては

首や背中の痛み

頭痛

めまい

しびれ

吐き気

食欲不振

睡眠障害

倦怠感

 

等々、多様な症状を引き起こします。

 

 

 

むち打ちなどの交通事故治療専門プログラムで根本治療


嵯峨 井上接骨院では、京都市右京区でもほとんどない交通事故の専門プログラムをもうけています。

むち打ちなどをはじめとして、患者さんお一人お一人に合った手技で痛みを和らげるのはもちろん、後遺症を残さずに完治を目標とした治療をおこなっています。

むち打ちでは痛みやコリなどの自覚症状が注目されがちですが、他にも首の骨の並びは正常なのか、筋力の低下はみられないか、可動域(動く範囲)が正常かなど、自覚では分からない部分の改善もその後の後遺症が残らない為にはとても大切なポイントになります

 

 

交通事故のむち打ちの完治の為には、状態に合った治療を組み合わせなければいけません。

痛み止めや湿布で患者さんの自覚症状のみに対しての治療をしたり、ただ単にマッサージや電気を当てれば良いというものでは無いのです。

 

ですから、当院では約1000件の治療実績を元にした専門治療と併せて、患者さんが自覚症状では分からない可動域や骨の並びの他覚的な検査やセルフケアなど、完治の為により効果の高い方法をとっています。

これにより、病院や整形外科では改善がみられなかった、他の院ではなかなか痛みが取れなかったという患者さんの症状にも改善がみられています。

 

 

交通事故のむち打ちは早期に対応を


交通事故治療で通院をためらう方に理由をお訊きすると「時間がない」「仕事や家事、育児があるから」という意見が多いですが、早期治療をしなかった為に結局は後遺症によって日常生活に支障が出てしまっては元も子もありませんよね。

特に、先ほどにも解説したように交通事故のむち打ちは後々になって痛みが強くなる場合がとても多いです。

ですが、後になればなるほどケガの治りは悪くなりますし、その上交通事故の補償の対象外となり治療費を負担しなくてはならない事態も…。

 

交通事故に遭ったら、速やかに病院で診察を受けその後 嵯峨 井上接骨院までご相談ください。

嵯峨 井上接骨院ではお忙しい患者さんがきちんと治療を受けて改善できるように夜22時まで受付可となっております(予約制)

また、通常の診療時間もご予約優先制となっていますので、待ち時間は発生しませんのでご安心ください。