交通事故で弁護士さんは必要?


こんにちは、京都市 右京区 嵯峨車折 井上接骨院です。

 

この時期になると年末やお正月などお休みを利用して出掛ける方が多いと思います。

京都市外に出ている家族の方が帰省されるというお家も多いのではないでしょうか?

 

 

ですが年の瀬で気が焦るためか、最近はテレビを見てても交通事故の報道が多く、中でもご高齢の方の交通事故がよく報道されているように感じます。

 

交通事故はいつどんな時に起こるか予想もつかないもので、現に交通事故を起こしてしまった方本人も「何が起きたか分からなかった」と言われます。

 

交通事故が起きた時は、警察を呼んで実況見分をおこないますが、これがまた案外意見が食い違います。

 

「こっちは青信号だった!」

「そっちが飛び出してきたんでしょ!」

など、細かいことで本当に揉めます…。

 

これは、相手方もウソをついてやろうと思っているわけではなく、交通事故が起きる時というのはそもそも「ブレーキを踏んだつもり」だったり「見ているつもり」だったちするため、認識のズレが起こりやすいのです。

 

中にはブレーキとアクセルを踏み間違えた場合や、道路を逆走していても気付かない場合などもありますから、細かいことを覚えている方が稀なのです。

 

 

とは言え、こちら側が悪くないのに過失があると言われたらたまったものではありませんよね。

 

 

そういった場合のため、当院は交通事故治に関する専門知識と交通事故のケガのための治療プログラムがあります。

また提携弁護士もいるので当院からの紹介だと初回相談料(通常305000円)が無料になります。

弁護士特約をお持ちの方は「弁護士費用のご負担なし」で弁護士への依頼も可能となります。

 

いやいや、そんな揉めてもないのに大事な…と思われるかもしれませんが、実は揉める前に弁護士さんに入ってもらうのが正解で、揉めないように・スムーズにやり取りをしたり治療や補償を受け取るように事前に働いてもらうことが最も望ましい形です。

 

実況見分の時には合意していた意見も、家に帰ってから翻るということも本当によくあるパターンなので、もしも「おや?」と思う事があれば、速やかに依頼することが望ましいでしょう。

 

 

嵯峨 井上接骨院では、そういったケースをたくさんみております。

ですので、事前に揉める可能性があるな…というケースでは、患者さんに顧問弁護士さんをご紹介することが可能です。

また、交通事故のケガやむち打ち治療の専門治療をおこなっていますので、改善も早く、再発も低リスクです。

 

もしも現在お身体のこと、交通事故での相手方とのやり取りのことでお悩みの方は、一度嵯峨 井上接骨院までご相談くださいね。

 

 

交通事故での他の手続きの詳細はこちらをご覧ください

交通事故・むち打ち治療についてはこちらです

交通事故・むち打ち治療をご希望の方はこちらをご利用ください