節分と豆の関係(^^♪


こんにちは!京都市右京区嵯峨の車折にある井上接骨院の吉岡です!

1月ももうすぐ終わりますね!2月と言えば節分ですが、

皆様は節分の由来ってご存知ですか?今回はこの節分についてお話しますね(^^)v

 

節分とは、季節の変わり目を意味します。

昔は、『せち分かれ』と言って立春、立夏、立秋、立冬の、

季節の始まりの日の前日を節分と言いました。

しかし、現在では、冬から春になる立春の前日の、

2月3日だけが節分として残ったそうです。

なぜ立春だけが残ったのかというと、立春は1年の始まりと考えられていて、

立春の一日前の節分は大晦日にあたります。

なので、悪いものを追い出して、素晴らしい春を迎える為に、

春の節分だけが行事として残ったと言われています。

 

ではなぜ豆をまくのでしょうか?それにもいろいろな話があるそうです(^^♪

例えば、季節の変わり目には鬼が出ると言われているので、

節分に豆をまいて鬼を追い払うために、昔から米や豆をまいていたそうです。

豆には、邪気を払う力があると言われているので、

豆の持つ邪気払いの力で、鬼を追い払うと言われています。(^^♪

 

だから節分に豆をまくのだそうです(^^♪

今回は節分についてお話ししましたが、

節分をされる際には、鬼役や子どもさんと一緒に同じ目線で豆をまいたりされる方も

おられると思います。

もし、次の日になんか身体がしんどいなや痛みを感じたりされたら、

ほおっておかずに、京都市右京区嵯峨にある井上接骨院にご相談ください(^^♪

 

予約する

治療メニューはこちら

電話はこちら