インフルエンザを予防しよう!


 

こんにちは!京都市右京区嵯峨の車折にある井上接骨院の吉岡です!

皆様は、インフルエンザなどで体調を崩されたりはしてないですか?

体調を崩すと身体も痛くなることが増えますので、今回は、インフルエンザの対策などについてお話しますね(^^)v

 

そもそも、冬はインフルエンザなどの病気は流行りやすいと言われてます!

その理由は、低温・低湿度を好むウイルスにとって、冬は長く生存できる絶好の環境だそうです。

そのため、感染力が強くなることと、空気が乾燥するとウイルスが空気中に浮遊して

伝播しやすくなります。それと、外気の乾燥によって咳やくしゃみをすることにより、

飛沫に乗ったウイルスが、より遠くまで飛び、移りやすいと言われています。

 

一方、人の身体は体温が低下すると、代謝活動が低下し、

ウイルスに対抗する免疫力が下がります。また、夏に比べて水分の摂取量が少ないため、

体内の水分量も少なくなりがちです。体内が乾燥すると喉や気管支の粘膜が

カラカラになり、本来粘液でウイルスの侵入を防いでいるノドや鼻の粘膜が

傷みやすくなっています。このことから、冬はウイルスが元気になり、

人の身体はウイルスに感染しやすい状態になるのです。

 

では、インフルエンザから身を守るためにはどうすれば良いのか?

それは、正しい手洗いやふだんの健康管理、予防接種で感染を防ぐのが一番だそうです!

(1)正しい手洗い

私たちは毎日、様々なものに触れていますが、それらに触れることにより、自分の手にも

ウイルスが付着している可能性があります。

なので、ウイルスが身体に入ってこないように、外出先から帰宅時や調理の前後、

食事前などこまめに手を洗うことが必要になります(^^♪

(2)普段の健康管理

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、

感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。

普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。(^^♪

(3)予防接種を受ける

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、

中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。

インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、

また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます。

(4)適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50%~60%)を

保つことも効果的です。

 

あとは、他の方へ移さないようにマスクをするのもおすすめです!

 

インフルエンザが流行るこの時期。予防や対策をして、かからないようにすることで、

腰や身体も痛みを余計に痛くなったりを減らせるので、ぜひ意識してみてください(^^

 

予約する

治療メニューはこちら

電話はこちら