台風のときに起きる気象病とは?


こんにちは。京都市右京区嵯峨の

車折にある井上接骨院の吉岡です!

 

いよいよ台風が多い季節になりましたね。

さて、みなさんは天気が悪くなると、

体調も悪くなってしまうことはありませんか?

雨が降る前に身体がだるくなったり、

急に雨が降ったりすると

古傷が痛んだりと、この井上接骨院でもお話を聞きます。

 

実はこの症状は、「気象病」と呼ばれるものなのです。

この「気象病」の原因には、気圧が大きく関係しています。

特に、夏場は高温で温められた空気が

水分と共に上昇気流となって舞い上がり、

上空で冷やされて雨となるのです。

つまり空気が地上では、少なくなり気圧が下がることになります。

この気圧が低下していく変化が

身体に大きな影響を与えることが分かっているんです。

 

例えば気圧が下がると血管は拡張し血圧が下がります。

そのことが、頭の血管で起これば頭痛の原因に、

怪我をした部分で起これば、修復過程で毛細血管が多くなっているため

痛みを引き起こしたりするのです。

 

また気圧は自律神経にも大きな影響を与えます。

特にこのストレスは交感神経を刺激し、身体を緊張状態にします。

これが頭痛や体の痛みを強く感じる原因になるのです。

 

では「気象病」は」どのように対処すればよいのでしょうか・・・

 

1.適度な運動

 運動習慣をつけることで、自律神経のバランスを整えます。

 

2.身体を温める

 40℃くらいのお風呂に10分以上入ることで、

身体をリラックスさせる副交感神経を優位にすることができます。

 

3.カフェインを控える

 コーヒーや濃いお茶などには血管を収縮させる働きのある

カフェインが多く含まれてるので、控えた方がいいです。

 

4.規則正しい生活習慣

 規則正しい生活は適度の運動とともにすると、

より自律神経のバランスを整えてくれるので、オススメします(^^♪

 

天気の悪い日でも、だるさが出ないように、

一度、心掛けてみてください(*^-^*)

 

治療メニューはこちら

Web予約はこちら

電話はこちら